肝機能障害の初期症状

肝機能障害の状態と改善

肝機能障害とはどのような状態か

健康診断などで血液検査を行った場合、肝臓の数値に異常があると言われることがあります。肝臓は不具合があっても自覚症状がほとんどなく、ある程度肝機能障害が起こってから気が付くことが多いです。初期症状には、発熱、倦怠感、体重の減少、食欲がない、尿の色が濃くなるなどがあります。むくみや白目が黄色いといった横断症状が出ている場合は、ある程度肝機能障害が進んだ状態の場合が多いです。肝臓の状態を良くするには禁煙や禁酒はもちろんのこと、りんごやグレープフルーツ、ブロッコリーといった野菜や果物を摂るようにします。

↑PAGE TOP