病気の知人に渡すもの

病気のお見舞いに見舞金

病気のお見舞いで役立つ見舞金

病気のお見舞いの品には、お花や果物やお菓子などを持参することが多いですが、食べてはいけないものがないか迷うことも多いです。そんな時に、見舞金を送れば、いろいろなものに役立ててもらうことができます。見舞金は気軽に受け取れる程度の額が相場としてふさわしいです。親戚であれば5千円から1万円程度。友人、知人、同僚では、1人3千円から5千円程度が相場と言われています。複数名で合算して包む場合には、4や9という数にならないように注意が必要です。再び病気にかからないことを願って、結びきりの祝儀袋に入れて渡しましょう。

見舞金代わりのお見舞い品

病気で入院している友人に、あなたなら何を持って行くでしょうか。見舞金として、現金でしょうか。一昔前までは、入院すれば、見舞金やお花をもっていくというのが、一般的でしたが、最近では、お金を直接渡すのは、失礼にあたるという考え方の人も多いようです。その代わり、病気のお見舞いにお花や・雑誌を持って行く人が多いようです。花は鉢植えは、よくないとされています。「根付く」といって、入院が長くなることを連想させるからだそうです。また、花粉が多いものも嫌がられる傾向にあります。あなたのセンスで友人にお勧めしたい本を渡すのが、1番良いかもしれませんね。

↑PAGE TOP