病気の人を見舞う時

病気の人を元気にする言葉

病気のお見舞いにかける言葉

人生には、良い時期・悪い時期があり、それはどんな人にも訪れます。結婚や子供が生まれた日、就職が決まった日、くじにあたった日等、良いことがあった時は、自分から他人に話をしたくなります。逆に、悪いことがあった時は、塞ぎ込んでしまい、誰かと会話することが苦痛になってしまいます。「病気になった時」それは、本当に辛い時といえます。あなたの仲の良い友人が、病気で入院し、お見舞いに行きました。なんと声をかけるのが良いか困ってしまいます。無理に関係のない話をしたりもすると思います。しかし、そんな時こそ、優しい言葉をかけ、友人が1人ではないと感じさせてあげることが必要とされるのです。

お見舞いの言葉は慎重に

病気の人の所へお見舞いに行く際に大切な事はいったい何でしょうか?それは、言葉を慎重に選ぶという事です。では、どんな言葉は避けたほうが良いでしょうか?それは、相手が不安になるような発言です。例えば「あなたと同じ症状を抱えていた人は、今でも病気と闘って辛い日々を送ってる」というような発言はやめましょう。むしろ、治療をして薬をきちんと服用するなら、症状は良くなる。と言って励ましましょう。そして、自分は力になりたい。という事を伝えると良いでしょう。ぜひ、相手が元気になるような発言をするように心がけましょう。

↑PAGE TOP