病気のお見舞いに手紙

病気の人を元気にする手紙

病気の人を手紙で元気づける

自分の知り合いや職場の人が病気になって、自宅療養もしくは病院へ入院していると知ったならどのように元気づけられるでしょうか?それは、お見舞いの手紙を出すことです。今はメールなどで簡単に連絡したり近況を訪ねることが出来ます。しかし、直筆の手紙ほどもらって嬉しいものはありません。花の模様や美しい景色が印刷されている便箋に書いて出しましょう。では、どんな内容を書くことが出来るでしょうか?それは、自分が相手のことをとても大切に思っていることを含めることが出来るでしょう。病気の時は心細いものです。ですからそのような内容の文章を受け取るときっと元気になるでしょう。

お見舞いの手紙の書き方

病気で寝込んだり入院している友人や知人がいたなら何をすることが出来るでしょうか?それは、お見舞いの手紙を書くことです。では、どのような内容を書くべきでしょうか?それは、自分が相手のことを心配していること、元気になってほしいこと、さらには自分にできることなら何でも助けになりたい、ということを書くことが出来ます。しかし、あまりにも大げさなことや「早く回復してください」と何度も書くなら相手は負担に感じる場合がありますので「ゆっくりと休養して回復してください」と書くと良いでしょう。ぜひ、病気の人の立場になって書きましょう。

↑PAGE TOP